2重符号化説 - 第二言語習得研究の記憶システムと効果的な英語学習のやり方

2重符号化説 - 第二言語習得研究の記憶システムと効果的な英語学習のやり方

英語学習において、記憶システムの仕組みを意識して活用したことはありますか?記憶の特性を理解して活かすことは、学習に役立ちます。

なぜなら「学習することは記憶することである」と言っても過言ではないからです。

文法規則や単語の意味を理解し、暗記することは大切ですが、ただ闇雲に取り組んでいても、英語を使いこなす能力はなかなか身につきません。

それぞれの学習方法がどのような種類の記憶に支えられているものなのか、その学習はどのような役割を持つのか、これらを理解して意識的に学習に取り組むことは、英語を「使える技能」として習得するための近道につながります。

パタプライングリッシュでは、人の脳内で言語活動がどのように行われているのかを研究する「第二言語習得研究 (SLA: Second Language Acquisition)」から、効率的な英語学習のやり方について解説します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は人間の記憶システムの「2重符号化説」にスポットを当てて、英語学習との関連性についてご紹介します。

2重符号化説とは

2重符号化説とは、1971年、ウェスタンオンタリオ大学の教授あるAllan Paivioによって提起された、人間の記憶過程を説明する有力な仮説の一つです。2重符号化説では、記憶におけるイメージの役割を評価しています。

人間の脳内では、情報を記憶するにあたり2つの異なるシステムを使い分けています。「言語システム」と「イメージシステム(非言語システム)」です。

「言語システム」と「イメージシステム(非言語システム)」

記憶の保持率が高まる

この両方のシステムが互いに助け合うことで、記憶の保持率が高まるのが「2重符号化説」です。

言語システムとイメージシステムは、独立して機能すると同時に、相互に関連しています。つまり、言語情報がイメージを喚起する可能性がある一方、イメージ情報が言語化される可能性もあるということです。

イメージシステムの方が記憶を保持できる

特に、イメージシステムが関与している情報は、記憶として保持されやすいと言われています。

Paivioらの研究によると、ある語を文字として見せられてそのまま記憶する場合よりも、そのものの絵を見せられてその名前として記憶する場合の方が、語を思い出す確率がほぼ2倍になるという事実も明らかにされています。

画像優位効果

これは「画像優位効果」と言い、絵などの視覚的記憶は言語記憶より優れていることを示しています。文字は言語システムのみで記憶される傾向があるのに対して、絵は視覚イメージと言語の両方で記憶される傾向があるからです。

つまり、絵や写真を見たときに、イメージとして受け取られると同時に、脳内では自動的に言語化されているのです。

なお、イメージシステムの手がかりとしては、絵や写真などの視覚的情報に限りません。その他の非言語、つまり、知覚的、運動的(動作など)、情緒的経験(感情など)も含まれます。

イメージシステムの手がかり

記憶の過程と手かがり

すべての記憶には「記銘」「保持」「想起」の3つの過程が伴います。

2重符号化説とは、「記銘(符号化)過程」において脳内に手がかりが多い方が、それを「保持」「想起」しやすいということです。

「記銘」「保持」「想起」の3つの過程

英語学習における2重符号化説の例

あらゆる言語学習において語彙の習得は基本であり、2重符号化説は特にその語彙の習得に役立ちます。

第二言語を学ぶ際に、学習者はどのように語彙を記憶しているのでしょうか。

バイリンガル話者を対象とした2重符号化説の研究によると、バイリンガル話者は2つの言語システムと、1つのイメージシステムによって第二言語の単語を記憶していると言います。

「母語システム」と「第二言語システム」、さらに両言語システムに共通する1つの「イメージシステム」です。

例えば、日本語と英語のバイリンガル話者では、「apple」という単語は英語システム(第二言語システム)の中に、「りんご」という単語は日本語システム(母語システム)の中に、そして、赤くて丸くて・・・というような「りんごのイメージ」はイメージシステムの中に保持されています。

イメージシステム

イメージシステムを結びつけて記憶する

ここで注目したいのは、2つの言語システムに対してイメージシステムは1つに共通していることです。

「apple」の単語を覚える際に「apple=りんご」「りんご=apple」と反復するのではなく、「apple=りんご=りんごのイメージ」「りんごのイメージ=apple=りんご」というように、3つを結びつけて記憶しているのです。

それにより脳内で「apple」を検索する際の手がかりが増え、加算的効果により記憶は強固になります。

このとき、りんごのイメージのために、本物のりんごや絵に描いたりんごを用意する必要はありません。

頭の中でりんごのイメージを思い浮かべるだけで、イメージシステムは十分に機能することが分かっています。イメージを通して学ぶことで、理解と記憶は深まるのです。

機械的に文字を唱える

英語学習の上で2重符号化説が重要な理由

2重符号化説を理解することは、これまでの英語学習をより効果的にする助けになります。学習方法を大きく変えずに、ちょっとした工夫として取り入れられる重要なヒントです。

2重符号化説とは、記銘時の手がかりにまつわる機能で、特にイメージが関与している記憶は保持されやすいというものでした。

つまり、この特性は、記憶の一番初めの過程である「記銘時」、すなわち「覚える」場面に意識的に取り入れることで活用できます。

単語や構文を覚える際、言語システムだけに頼り、呪文のように機械的に文字を唱えていませんか。これでは、想起する際の手がかりが少なく、なかなか覚えられないのも無理はありません。

2重符号化説を活かしたおすすめの英語学習法

2重符号化説を活かした学習法として、語彙や文法の習得に役立つ側面については、すでに紹介した通りです。

ここでは、特にスピーキングに焦点を当てた方法を紹介します。TOEICで高得点は取れるがスピーキングが苦手という場合には、ぜひ取り入れてみてください。

鮮明なイメージを描きながら、声に出すこと

スピーキング力を高めるためには、まず声に出して練習する必要があります。その際、必ず具体的で鮮明なイメージを描きながら行いましょう。

これは誰でも簡単に取り入れられる手法で、記憶の効果としては大きな差がつくポイントです。

フレーズを丸暗記しても実際の会話で話せないのは、言語システムのみの記憶では、いざ現実の場面に遭遇した際に思い出す手がかりに欠けるからです。

声に出したフレーズにイメージを加えるとは、場面を頭の中に描くことはもちろん、動作であれば実際に身体を動かしたり、感情を心に思い浮かべることも有効です。

これらを積極的に組み合わせることでさまざまな属性の認知処理をたどり、記憶の再活性化を促します。

常に、会話の相手と話している臨場感を持ち、自分事として声に出すのです。

自分事として声に出す

まとめ

2重符号化説については、その用語は初めて聞いた人も、過去の試験勉強で実体験としてそのメリットを体感したことがある方も多いと思います。

これらの脳の特性を理解したら、次は意識的に活用し、より効果的な英語学習を実践しましょう。

記憶の仕組みを理解することは、自分自身がすでに持っている能力を最大限に活かすことと言えます。

ビジネス特化スピーキング教材パタプラの購入はこちら

関連シリーズ記事

参考文献