ビジネス英語スピーキング教材「パタプライングリッシュ for Business」

情意フィルター仮説 - 第二言語習得研究の記憶システムと効果的な英語学習のやり方

情意フィルター仮説 - 第二言語習得研究の記憶システムと効果的な英語学習のやり方

英語学習において、記憶システムの仕組みを意識して活用したことはありますか?記憶の特性を理解して活かすことは、学習に役立ちます。

なぜなら「学習することは記憶することである」と言っても過言ではないからです。

文法規則や単語の意味を理解し、暗記することは大切ですが、ただ闇雲に取り組んでいても、英語を使いこなす能力はなかなか身につきません。

それぞれの学習方法がどのような種類の記憶に支えられているものなのか、その学習はどのような役割を持つのか、これらを理解して意識的に学習に取り組むことは、英語を「使える技能」として習得するための近道につながります。

パタプライングリッシュでは、人の脳内で言語活動がどのように行われているのかを研究する「第二言語習得研究 (SLA: Second Language Acquisition)」から、効率的な英語学習のやり方について解説します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は「情意フィルター仮説」と呼ばれる第二言語習得における仮説についてご紹介します。

情意フィルター仮説とは

情意フィルター仮説とは、アメリカの言語学者スティーブン・クラッシェン氏が提唱した「モニターモデル」の仮説の一つです。

アメリカの言語学者であるスティーブン・クラッシェン氏は、第二言語習得研究(SLA)をはじめとする言語の研究で数々の受賞履歴を持つ研究者です。なかでも第二言語習得の5つの仮説を述べた「モニターモデル」は特に有名で、1985年の発表以来、現在でも第二言語習得研究で大きな影響を与え続け、多くの学者や教育関係者から注目を浴びています。

モニターモデルの5つの仮説

モニターモデルには、以下の5つの仮説があります。

習得学習仮説
自然習得順序仮説
モニター仮説
インプット仮説
情意フィルター仮説

情意フィルター仮説とは、第二言語習得にあたり感情的な要因がどのような影響を及ぼすか、について解説した仮説です。

クラッシェンによると第二言語習得の鍵となる感情は下記の3つだと言います。

感情情意フィルターの感情の例
Anxiety(不安)話す時に間違わないか不安(不安の大きさ)
Self-confidence(自信)英語が話せるようにならないかもしれない(自信のなさ)
Motivation(動機付け)上司に言われたから勉強している(動機付けの弱さ)

「不安」は大きければ大きいほど、「自信」と「動機付け」は低ければ低いほど、情意フィルター(ネガティブな感情)が高くなり第二言語の習得が困難になります。

学習者の情意フィルターが高くなると、クラッシェンがインプット仮説の中で強調していた「習得に必要な理解可能なインプット」が、言語習得装置(Language Acquisition Device)に達せず、言語の習得に至らないと説明しています。

情意フィルターは思春期の頃に強くなる

クラッシェンによると、情意フィルターは思春期の頃に強くなり、思春期を経験した大人は情意フィルターが高いため、言語の習得がより困難になると言います。

そのため、第二言語習得は思春期ではなく、情意フィルターの低い幼少期から始めるべきだと主張します。

情意フィルター仮説に対する批判

クラッシェンの「感情的な要因が第二言語習得に大きく影響を与える」という主張に多くの研究者と意見が合致している一方で、批判的な意見も存在します。

その一つが「恥をかきたくない、失敗したくない」といったネガティブな感情が、逆にやる気につながりスキルアップが見込める、という見方です。

情意フィルター仮説では、ネガティブな感情は悪いものとして捉えられています。しかし、ネガティブな感情が時にポジティブなパワーを生み出すこともある、というのが批判側の主な主張です。

更に情意フィルターは思春期の頃に強くなるため第二言語習得は幼少期から始めるべきだ、というクラッシェンの主張に対しても反論があります。

クラッシェンの主張では、情意フィルターの高まる思春期は第二言語習得に適していない、とされていますが、研究者の多くは思春期が第二言語習得の適齢期だと言います。

この意見の食い違いから、クラッシェンの主張には真偽が問われています。

最後に

クラッシェンは3つのネガティブな感情を元に情意フィルター仮説を立てました。ネガティブな感情は学習の妨げになるという内容に共感できる人も多いと思います。

他のクラッシェンの仮説同様、批判的な意見も多々ありますが、情意フィルター仮説を活用すると自分の感情を情意フィルターとして客観的に捉えることができます。

情意フィルターを取り除くのか、またはそれを力に変えるのか、自分に合った方法で言語習得につなげたいものです。

無料ebookのご案内

  • TOEIC800点以上なら、確実にスピーキング力が身につく英語学習法
  • ビジネスで差が付く!実践イディオムフレーズ100選
  • 留学&英会話スクールなしでスピーキングを身につける方法

など効率的な英語の学習方法について、無料ebookを用意しております。
ぜひご確認ください。

ビジネス特化スピーキング教材パタプラの購入はこちら

関連シリーズ記事

参考文献