ビジネス英語スピーキング教材「パタプライングリッシュ for Business」

Feature

ビジネス特化の
スピーキング力向上に
最適化された教材

パタプライングリッシュの特徴

対象レベルは中上級者

TOEIC満点保持者をはじめ、職場で高い英語力を必要とされる方々から好評を頂いております。

海外営業 / 弁護士 / エンジニア / 税理士 / 公認会計士 / 経理 / 監査 / 法務 / 金融 / コンサル / IT関連 / 医師 / 航空関連 / 駐在員 / 留学生 / 大学院生 / 研究開発 / 自営業 / 個人事業主 他

平均年齢44歳(15~70歳)

TOEIC600点~990点
※600~800点の方用の日本語スクリプトあり

パタプラが選ばれる理由

科学的根拠に基づく
独自メソッドで効率的にアウトプット

最も効率の良いスピーキング練習法を科学的に研究。
もう練習法が正しいか悩む必要はありません。

効率的にアウトプット
  • チャンク

    チャンクとは「2~8語程度から成る意味のカタマリ」。
    多くの日本人が「全文を1回考えて」話し始める一方、
    ネイティブは「とりあえず話し始めて」、チャンク単位で言葉を繋いで会話します。
    この「チャンク単位で話す習慣」を習得し、
    「話すための土台」を作るのがパタプラの狙いです。

    チャンクとは「2~8語程度から成る意味のカタマリ」。多くの日本人が「全文を1回考えて」話し始める一方、ネイティブは「とりあえず話し始めて」、チャンク単位で言葉を繋いで会話します。この「チャンク単位で話す習慣」を習得し、「話すための土台」を作るのがパタプラの狙いです。

  • パターンプラクティス

    チャンク単位で話す最適な練習法が「パターンプラクティス」。
    文の一部(チャンク、時制、疑問/肯定文)を瞬時に入れ替えます。
    「型」を活用するのが得意で、間違えるのが苦手な
    日本人にはもってこいの手法です。
    「自分で文章を組み立てる」大量アウトプットを実現します。

    チャンク単位で話す最適な練習法が「パターンプラクティス」。文の一部(チャンク、時制、疑問/肯定文)を瞬時に入れ替えます。「型」を活用するのが得意で、間違えるのが苦手な日本人にはもってこいの手法です。「自分で文章を組み立てる」大量アウトプットを実現します。

  • 反復練習と知識の自動化

    「とっさに英語が出る」には「知識の自動化」という脳処理が必要です。
    過学習(暗記した後も何度も練習をする)により、
    チャンクは潜在意識の中の「手続き記憶」に定着。
    車や自転車の運転、あるいはスポーツのように、
    体(口)が自動的に動く状態を作り出します。

    「とっさに英語が出る」には「知識の自動化」という脳処理が必要です。過学習(暗記した後も何度も練習をする)により、チャンクは潜在意識の中の「手続き記憶」に定着。車や自転車の運転、あるいはスポーツのように、体(口)が自動的に動く状態を作り出します。

ビジネス領域に特化
多忙でも最短距離で目的達成

社会人は常に時間との闘い。
ビジネス領域だけに特化し、無駄を省きました。

ビジネス領域に特化
  • 本当に使う所だけ

    多忙な社会人に遠回りをしている暇はありません。
    パタプラは実際のビジネスで「本当に使う所だけ」を厳選。
    開発は元英会話スクール教務主任かつ、現役の在米ビジネスマン。
    敢えて難しすぎる単語は使わずに、
    「今ある知識(+α)でビジネスに通用する」を目指します。

    多忙な社会人に遠回りをしている暇はありません。パタプラは実際のビジネスで「本当に使う所だけ」を厳選。開発は元英会話スクール教務主任かつ、現役の在米ビジネスマン。敢えて難しすぎる単語は使わずに、「今ある知識(+α)でビジネスに通用する」を目指します。

  • 細かなニュアンスにも対応

    英語中上級者がビジネス英語を学ぶ際にぶつかる壁が「ニュアンス」。
    上司に伝えるのか、取引先に伝えるのか、部下に伝えるのか。
    パタプラなら、音声を聞いているだけで、その細かなニュアンスも学習可能。
    思わずクスっと笑ってしまう登場人物達の関係性を通して、
    自然にシチュエーションに応じた応用力が身に付きます。

    英語中上級者がビジネス英語を学ぶ際にぶつかる壁が「ニュアンス」。上司に伝えるのか、取引先に伝えるのか、部下に伝えるのか。パタプラなら、音声を聞いているだけで、その細かなニュアンスも学習可能。思わずクスっと笑ってしまう登場人物達の関係性を通して、自然にシチュエーションに応じた応用力が身に付きます。

  • グローバルマインドセット

    英語で仕事をするには「英語が話せるだけ」では不十分です。
    パタプラでは定期配信の「パタプラ通信」を通して、
    異なる文化を持つビジネスパーソンといかに仕事を進めていくのか、
    どのような考え方や慣習の違いがあるのかを挙げ、
    持つべきマインドセットについても学びます。

    英語で仕事をするには「英語が話せるだけ」では不十分です。パタプラでは定期配信の「パタプラ通信」を通して、異なる文化を持つビジネスパーソンといかに仕事を進めていくのか、どのような考え方や慣習の違いがあるのかを挙げ、持つべきマインドセットについても学びます。

学習を多角的にサポート
挫折しない仕組みづくり

英語力向上には継続が必要不可欠。
あの手この手で習慣化を全面サポートします。

多角的にサポート
  • レッスン

    基本となるパタプラのレッスンです。
    62レッスンあり、2~3か月かけて1周します。

  • 応用レッスン

    パタプラの要となる応用レッスン。
    全26本あります。

  • 定着度確認テスト

    潜在記憶に定着したか確認します。
    全13本あります。

  • 記録表

    日々の練習と復習を記録できます。
    復習レッスンの提案も自動で行います。

  • 副教材

    特典の音声付き副教材です。
    発音やリズム等について学びます。

  • パタプラ通信

    特典の定期配信アドバイスメールです。
    全29号、文庫本120ページ分の情報量。

  • リマインダーメール

    指定の曜日、時間に、
    その日のお勧めレッスンとURLを送付。

パターンプラクティス
とチャンクで学ぶ

スピーキングが伸びる人・伸びない人の違いは、
「チャンク単位で話しているかどうか」

パタプラでスピーキングを練習するのに、この2つのポイントは絶対に外せません

スピーキングが苦手な人の話し方

スピーキングが苦手な人の話し方

日本語で一度考えてから全文英語に訳すので、反応速度が遅い。丸暗記をしているケースが多く、場面が変わると臨機応変に対応できない

ネイティブの話し方

ネイティブの話し方

とりあえず話し始めて、チャンクを組み合わせて補足していくので、反応速度が速い。場面によって様々な文章を瞬時に作れる

パターンプラクティスのメソッドでは、
チャンクを入れ替えながら文章を次々に組み立てます。

パターンプラクティスのメソッドでは、チャンクを入れ替えながら文章を次々に組み立てます。

パタプラで練習することで、
「チャンク単位で話す習慣」が身に付きます。

音声完結だから、続く

手が塞がらない音声完結教材だから、
スマホさえあればいつでもどこでも

手が塞がらない音声完結教材だから、スマホさえあればいつでもどこでも

オフィスでサイレントリピーティング自宅でリピーティング

計算された学習サイクル

最適な量とタイミングで練習/復習を繰り返すことで、
瞬発力文章の組み立て力が磨かれます。

最適な量とタイミングで練習/復習を繰り返すことで、瞬発力文章の組み立て力が磨かれます。

パタプラの学習サイクルパタプラの学習サイクル

スピーキングに自信がつけば、
もっとビジネスで活躍できる

物怖じせず仕事できる

result1

会議、交渉、転職、駐在も。英語を理由に諦めたり、憂鬱になる必要は、もうありません。

生涯年収が上がる

result2

英語上級者は全体の約6割が年収1,000万円以上という調査結果があります。

人間関係が広がる

result3

同僚や取引先と良好な関係を築けるのはもちろん、世界中の人と知り合えるチャンスも増えます。

※エンワールド・ジャパン(株) 2020年実施 「英語レベルと年収についてのアンケート」

グローバル人材育成の
プロフェッショナルも推薦

山久瀬 洋二

山久瀬 洋二(Yamakuse Youji)氏

九州大学卒業後、83年に大手出版社の駐在員としてニューヨークに赴任。89年に現地で独立、同地にメディアエージェント及び法人向けのコンサルティング活動を行う Intercultural Group Co. を設立。米国Clarke Consulting Group にてシニアコンサルタントとしてコンサルティングおよび、コーチング活動を展開。4,000人以上の国際企業エグゼクティブのグローバルでの活動を支える。2003年より、IBCの代表取締役会長に就任。研修活動等を精力的にこなす一方、異文化ビジネス関連の日本語書籍、日本を紹介する英文書籍の執筆活動を行う。

英語を学ぶ方法は様々です。しかし、学ぶことがいつでも楽しいかといえば、それは疑問ですね。まず、英語を勉強して何をしたいか、どうなりたいのかを考えましょう。そしてやりたいことに関連した記事やニュースにたくさん触れることです。やりたいことならば、多少単語がわからなくても背景の状況などから内容の察しがつくはずです。できれば誰かとそのテーマについて英語でやりとりをしてみましょう。

さて、言葉というのはかたまりの集まりです。このかたまりのことをチャンクといいます。例えば日本語を話すとき、最初から最後まで平板なまま、抑揚もなくただロボットがカタカナを羅列するように読むように語る人はいないはずです。一つのことを話すとき、主語の部分、その主語となる人がやりたいことを語る部分。そのやりたいことを実行している場所の情報など、部分部分で言葉はかたまりとして語られ、それに抑揚や強調したいための表情やアクセントがあり、その上で全体のイントネーションが付加されます。

あなたにとって興味のあることがらに関連した、そんな言葉のかたまり、つまりチャンクを活用すれば、言いたいことはなんとか説明でき、聞きたいこともわかるようになっていくものです。その上でどうしても知っておきたい単語や構文、文法などを集中的に学習すればよいのです。

そう、この方法だと英語学習は苦行ではなくなるはずです。

そして、そこにもう一つ付加するならば、英語はあくまでもコミュニケーションのツールであり、英語そのものが目的ではないというしごく当たり前なことを常に意識しておくことです。英語がコミュニケーションの道具である以上、相手のいうことを聞き、こちらの言いたいことを伝えながら理解を深めなければなりません。

その相互理解の過程においては、文法や発音、そして構文などは「二の次」どころか「三の次」と言えるかも知れません。むしろ、相手のコミュニケーション文化を理解し、相手とどのようにすれば交流できるかというノウハウがわかれば、相手に働きかけることによって、わからないことだって理解できるようになるものです。チャンクを大きくつかみ、さらにわからないところを相手に率直に、そして即座に質問するというインターラクティブなアプローチができるようになれば、英語は苦行となることなく上達していくのです。

英語を使って何をしたいのか、どうなりたいのかをまず考えて、それに関わる英語を大きく掴んでインタラクティブな実践を通じて進歩していくのです。

チャンクに着目し、チャンクの活用力を体得させるパタプライングリッシュのメソッドは、忙しいビジネスパースンにとって、きわめて有効なものだと思います。あなたの英語習得戦略の中にパタプラを上手に取り入れていくことをお勧めします。

レッスン実演 - LET'S TRY

開発者による練習方法実演
体験談

Step 1. チャンクを口に出して覚える

チャンクを聞こえるまま、スラスラ言えるようになるまで練習します。無意識に口が動く状態を目指します。
例:Running an online marketing campaign.

体験談

Step 2. チャンクを使った文章をつくる

覚えたチャンクを、文章に組み込んでいく練習をします。必要に応じて、時制や活用形などを変える練習をします。
例:How about running an online marketing campaign?

体験談

Step 3. 応用練習

構文等を入れ替えながら、次々に文章を作ります。
例:working on the new project. / I'm working on the new project. / Do you happen to know who is working on the new project?