ビジネス英語スピーキング教材「パタプライングリッシュ for Business」

チャンク単位で話す感覚が得て、スピーキングが変わった

記事作成日:2021年9月24日

チャンク単位で話す感覚が得て、スピーキングが変わったこのエントリーをはてなブックマークに追加

利用者プロフィール

吉田 祐太さん(40代・男性)
吉田 祐太さん(40代・男性)

TOEIC665点(2017年)。アメリカ駐在、IT企業勤務。ビジネスシーンでうまく表現できないことが多く、スピーキング力を身につけるためにパタプライングリッシュを購入。2021年2月から利用。

初めての海外生活でアメリカ駐在

── ご経歴やキャリアについて教えていただけますか?

吉田さん:2019年からアメリカに駐在して、IT企業で働いています。社内では同僚がほとんど日本人なので英語を使用する機会は少なく、外部企業との商談では英語を使います。

── これまで取り組んできた英語学習について教えていただけますか?

吉田さん:留学もしたことがなく、今回の駐在が私にとって初めての海外生活でした。学生時代は英語が苦手で、英語の勉強をやり始めたのは社会人になってからです。

最初はTOEICをメインに勉強して645点まで上がり、4年前からオンライン英会話でスピーキングの練習を始めました。一時的ですが、通学型の英会話スクールに通ったこともあります。

500回以上オンライン英会話をやるが、伸び悩む

── ご自身が感じていた英語の課題についてお教えください。

吉田さん:話せないし、聞き取れない、といった状態でした。ビジネスの難しい話、商習慣、詳細なアイデアなどうまく表現できないことが多く困っていました。

── 他の英語サービスとパタプライングリッシュの違いはどのように感じていますか?

吉田さん:オンライン英会話レッスンを500回以上受けて、話す度胸はつきました。けれど、英会話レッスンだけでは自然と口から英語が出てくるようなスピーキングの成長はできないと感じました。

また、オンライン英会話はシチュエーション設定があり、それを理解するだけで終わってしまうなど、25分の時間内でも無駄が多く感じます。

その点、パタプラはビジネス英語に特化していて実際の仕事でも使える場面が多く、無駄のない内容が良いと思っています。

パタプラで初めて英語に自信が持てるようになった

── パタプライングリッシュを購入されたきっかけはございますか?

吉田さん:モゴモゴバスター(※)をやり始めてから、同じ松尾先生の教材のパタプラを知って購入しました。チャンクの練習というのは聞いたことがなかったので興味を持ちました。

※モゴモゴバスターとは松尾先生が開発・販売している音声変化のリスニング教材です。松尾先生の代表作の一つで、累計27,000人以上が購入している人気教材です。リスニングはモゴモゴ、スピーキングはパタプラ、と両方愛用される方も多いです。

── 実際に購入されていかがでしたか?

吉田さん:音声完結の教材は初めてでした。日本で売っている教材は英語が綺麗すぎて、実際にアメリカで仕事をしていて出てこない表現やフレーズも多いですが、パタプラは実践に近いです。音声内のネイティブスピーカーも複数人いるので、それぞれ違いがあって勉強になります。

これまで⾊んな参考書を試してみましたが、長続きせず、英語に対する⾃信がなかなか持てませんでした。パタプラをやって英語が⼝から出てくる感覚を掴むことができて、⾃信が持てるようになってきました。

チャンクをつなげていく感覚を得られたのが大きい

── 「知識」を「技能」に転化するパターンプラクティス×チャンクのメソッドはいかがでしたか?

※パタプラの詳しいメソッドについては「パタプライングリッシュの効果 - 科学的理論から解説 -」の記事をご確認ください。

吉田さん:英語は筋トレに近いなと思っていましたが、それを自分一人ではやれなかったので、パタプラのように体系的にまとまっている教材があって良かったです。文字を見ないでやる学習スタイルが新鮮でした。

成果は2ヶ月目くらい、レッスン3周目くらいで感じました。以前は英語に自信がない状態でしたが、パタプラを始めてミーティング中に臆せず質問できるようになりました。

とにかくチャンクにして繋げていく、という感覚が体に染み込んだ効果を感じています。現状での成長度合いも満足していますが、まだまだ伸ばせると思っています。

※パタプライングリッシュは人間の記憶システムの観点から復習を重要視しています。全レッスンを8〜9周することを推奨しているため、利用者から1周、2周など表現いただきます。

── レッスン継続のために工夫していた点などあればお教えください。

吉田さん:とにかくパタプラを信じようと思って続けました。元々松尾先生が作る教材に対して信頼があったのも大きいです。家族旅行で予定が崩れるくらいで、他はちゃんと継続ができました。

今は、スピーキングについて自信がついたのと、アメリカ人の英語が聞き取れないことが課題だと思ってるので、一旦パタプラを休んでモゴモゴバスターをメインで学習しています。

── 買切り教材であるメリットは感じて頂けましたか?

吉田さん:英語教材であれば買切り派で、サブスク自体に抵抗がありました。英会話スクールからパタプラに切り替えると考えたら、金額的にも良いコスパだと思います。

ビジネス特化スピーキング教材パタプラの購入はこちら

記事が面白いと思ったらシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加