ビジネス英語スピーキング教材「パタプライングリッシュ for Business」

パタプラは筋トレの英語版。英語脳を鍛えるメソッド

記事作成日:2021年10月8日

パタプラは筋トレの英語版。英語脳を鍛えるメソッドこのエントリーをはてなブックマークに追加

利用者プロフィール

R.Hさん(40代・男性)
R.Hさん(40代・男性)

シンクタンク研究員、40代に入り英語学習に一念発起し、約半年でTOEIC600→850点、英検準1級を取得するが受験参考書を中心とした学習のためペーパーライセンス感があったところパタプラに出会い学習を開始。2020年12月から利用。

思ったタイミングで思ったように英語が出てこない

── ご経歴やキャリアについて教えていただけますか?

R.Hさん:シンクタンクで研究員をしています。研究のために英語の文献も読むため、スピーキングよりリーディングが多いです。毎年3月と9月にセミナーに参加していて、その場では英語を話す機会があります。

英語に関しては普通の学校教育程度で、大学卒業時にTOEIC650点くらいでした。その後、TOEIC800点と英検準1級を目標に勉強し、目標は達成したのですが、やはりペーパーライセンスだなと感じていました。

── ご自身が感じていた英語の課題についてお教えください。

R.Hさん:パタプライングリッシュを始める前、TOEIC850点、英検準1級は取得していましたが、会話という点では流暢とは言い難かったです。

思ったタイミングで思ったように英語が出てこない、準1級の面接には受かっているので何も言えない訳ではないですが、言いたいことがうまく言えず表現が不自然だったり、後からああ言えば良かったと気付くことが多くありました。

筋トレ的にできることが購入の決め手

── パタプライングリッシュを購入されたきっかけはございますか?

R.Hさん:今年の3月に英語のセミナーに参加する機会があり、スピーキングを意識し始めました。NHKのラジオ講座を聞いていて、もうちょっとシャドーイングを増やす、それを録音する、など考えましたが、自分で全て管理してやるのは難しいだろうなと、他に何か良いものがないかなと思って英語サービスを探していました。

オンライン英会話は当たり外れありそうだし、自己紹介して少し話したら終わりという印象がありました。時間が拘束されてしまうし、実際に口から英語を出す時間は限られてしまいます。

それよりは自分でちゃんとトレーニングができるものがいいなと考えていた時に、パタプライングリッシュを見つけて購入しました。

色んなことがパッケージされていること、手ぶらでできて真夜中でも電車でもできること、スマホでできること、筋トレ的にできることなどが購入の決め手でした。

── 実際に購入されていかがでしたか?

R.Hさん:レッスン4まで文章が簡単すぎてこんなもんかと思いましたが、だからと言ってそこでやめようとは考えませんでした。ただ、最初の2週間はこれでいいのかなという不安は若干ありました。それでもとりあえず62レッスン全てやってみて判断すればいいと思っていました。

レッスン5からはちょっとそれっぽくなってきて、レッスン7が最初は難しくて心が折れかけ、レッスン8、9で気持ちを持ち直しました。そんな感じでバランスをとりながら進めていきました。レッスンのタイトルからある程度の内容を想定できたのも良かったです。

先日セミナーに参加したのですが、そこでの議論もパタプラの表現を多用しつつ、相手から聞き返されることはありませんでした。短期間で大きな成果があったと感じています。

英語の回路ができる、英語脳が鍛えられる感覚

── 「知識」を「技能」に転化するパターンプラクティス×チャンクのメソッドはいかがでしたか?

※パタプラの詳しいメソッドについては「パタプライングリッシュの効果 - 科学的理論から解説 -」の記事をご確認ください。

R.Hさん:パタプラが4周終わった頃に英語を使うセミナーに参加する機会がありましたが、細かいやり取りで出てくる反応が変わりました。使える単語の言い回し、プレゼン資料の作成にも役立ちました。

スピーキング力だけでなく、結果的に英作文能力自体が上がったと感じています。パタプラの中で出てくる表現をそのまま使っている訳ではなく、全く違う表現を使っているのに不思議と能力が上がっていました。チャンクという思考回路ができてきたのが大きかったのだと思います。

うまく説明できませんが、手続き記憶を鍛えていく中で英語脳が鍛えられた感じがあります。チャンクやセンテンス自体が使えたかどうかではなく、そのための回路が鍛えられた感覚です。

※パタプライングリッシュは人間の記憶システムの観点から復習を重要視しています。全レッスンを8〜9周することを推奨しているため、利用者から1周、2周など表現いただきます。

自然と継続できるのがパタプラの良さ

── レッスン継続のために工夫していた点などあればお教えください。

R.Hさん:エビングハウスの忘却曲線に沿ったトレーニングは有効でした。翌日、1週間後、3週間後に同じ文を少しメタな立ち位置から、前回間違えた箇所に注意して言い直すことで効果的にトレーニングできました。

以前よりエビングハウスの忘却曲線自体は知っていて、その効果も分かっていましたが、自分で管理してやるのはなかなか大変です。パタプラはレッスン記録の機能があり、そこから忘却曲線に沿ったレッスンが自動で推奨されるので、やりやすかったです。

続けるために工夫や意識をしたことは特にありません。逆にそれをしなくていいことがパタプラのメリットだと思っています。スマホだけでいつでもどこでもできますし、やるタイミングを逃しても電車でやるなど、そういった手軽さが良かったです。

パタプラを始めた頃にパタプラ通信の推薦図書にあった『言い返さない日本人』の著者、山久瀬洋二氏の講習を受ける機会がありました。山久瀬氏の異文化間でのコミュニケーションにおける講義内容は、パタプラの副教材やパターンプラクティスと合致しており、よりモチベーションが上がりました。

仕事内容関係なく、チカラが付く教材

── 買切り教材であるメリットは感じて頂けましたか?

R.Hさん:価格については手頃だと思います。料金体系としては、買切りでもサブスクでもどちらでも良かったです。

支払い方法ではなく、センテンス構成力、チャンクの感覚を掴めるという点がとても魅力でした。

── どのような方にパタプライングリッシュをお勧めしますか?

R.Hさん:同じ職場内でいうと、もう英語ができる人か全くできない人かで、パタプラが推奨するレベル感の人がいないです。

万人に自信を持って推奨できる訳ではないですが、私自身がレッスン内の例文自体は関係なく、パタプラのメソッドによって会話能力や英作文能力が伸びた実体験があるので、仕事内容は関係なく勧められます。

ビジネス特化スピーキング教材パタプラの購入はこちら

記事が面白いと思ったらシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加