ビジネス英語スピーキング教材「パタプライングリッシュ for Business」

話せるようになりたいなら、パタプラは最短距離

記事作成日:2021年10月16日

話せるようになりたいなら、パタプラは最短距離このエントリーをはてなブックマークに追加

利用者プロフィール

T.Tさん(40代・男性)
T.Tさん(40代・男性)

コンサルタント。英会話をやっていても言葉が出てこない、英語を話そうとするとグッと詰まる感じあり、スピーキング力を付けるためにパタプラを購入。2021年3月から利用。Twitter → @TDSKT_FT

グッと詰まって、言葉がうまく出てこない

── ご経歴やキャリアについて教えていただけますか?

T.Tさん:仕事はコンサルタントをしています。現在は週1回ほど英語会議に参加していますが、積極的に発言を求められる訳ではないので英語を話す機会は少ないです。

英語の資料を使う研修も多く、仕事上はスピーキングよりはリーディングやリスニングがメインです。

── ご自身が感じていた英語の課題についてお教えください。

K.Sさん:2年半前に社内での役割が変わり、海外の同僚から日本のチームと連携したいと連絡がありました。それで外国人と食事しながら話す機会が増え、スピーキング力が必要になりました。

また、会社からの指示でビジネス英語レッスンに半年間参加したことがありますが、そこで話せないことを実感しました。英語を話そうとするとグッと詰まる感じあり、とにかく言葉がうまく出てこなかったです。

英語レッスンのプログラムが終わって毎日勉強していた時間に空きができたのでパタプラを始めました。ちょうど新型コロナで海外から同僚が来日できくなり時間ができたのもタイミングとして良かったです。

英会話レッスンは上達の手応えがなかった

── 他の英語サービスとパタプライングリッシュの違いはどのように感じていますか?

T.Tさん:以前からオンライン英会話をやっていて、外国人相手に臆せずに話せるようにはなりましたが、スキルとして上達した手応えはありませんでした。

全く伝わらないことや、うまく言えなくて後から考えてもなかなか出てこなかったことがありましたが、パタプラを始めてから英語がスッと頭に出てくる感覚があります。

── パタプライングリッシュを購入されたきっかけはございますか?

T.Tさん:最初から返金するつもりはなかったですが、返金保証が長くて買切りだったので購入のハードルは低かったです。

他に比較した英語サービスは月額2万円だったり、コーチングだと50万円ほどするので、パタプラの価格感なら失敗してもいいかと思って購入しました。買切りなのにアップデートも多く、購入して良かったと思っています。

実際の業務で使えるフレーズも多かった

── 実際に購入されていかがでしたか?

T.Tさん:レベル的には難しすぎず簡単すぎずで、ちょうど良かったです。謝罪、丁寧に依頼にするあたりのレッスンは仕事に直結していて役立ちました。ビジネス特化で実際の業務で使えるものが多いです。

パタプラはビジネスに特化しているから「ここだったらこう言うよね」とか「これは知ってる、こう言えばいいんだ」というのが、どんどん出てきます。スピーキング力だけでなく、読む聞く、反応して返す、メールなども早くなったと感じます。

以前から、いずれ社内会議は英語が通常になると思っていて、日々の会議でも英語だったらどうかとシュミレーションをしていました。パタプラを始めてから、そのシュミレーション内でスムーズに言葉が出てくるようになりました。

話し出すと勝手に口から続きが出てくる

── 「知識」を「技能」に転化するパターンプラクティス×チャンクのメソッドはいかがでしたか?

※パタプラの詳しいメソッドについては「パタプライングリッシュの効果 - 科学的理論から解説 -」の記事をご確認ください。

T.Tさん:チャンクという言葉や意味は知っていたが、それに特化したレッスンがあることは知りませんでした。パタプラをやり始めた頃は、こんなに口が回らないんだ、これは筋トレだなと実感しました。

最近はジョギングしながらやっていますが、そうするとパタプラに全力集中するのは難しく、集中力が切れる瞬間があります。そんな時でも、とりあえず話し出してみると勝手に口から続きが出てきます。

レッスンでいうと8周目くらいからだいぶ言葉が出てくるようになりました。また、リスニングも良くなった気がします。

つぶやき応用練習もaとbを1周ずつやりました。「頭の中でシュミレーションをする」「英語で何と言うのか考えてみる」というのは元々やっていたのでスムーズに取り組めました。応用レッスンをやらないと本当の瞬発力はつかないと思います。

使う場面が想像できないチャンクや表現がレッスンで出た時は、逆にそれはどこでどうやって使うのか考えたりしながらレッスンを行いました。

※パタプライングリッシュは人間の記憶システムの観点から復習を重要視しています。全レッスンを8〜9周することを推奨しているため、利用者から1周、2周など表現いただきます。

※つぶやき応用練習は、基本レッスンで習得した型を元に、自身が実際に使うチャンクを自分で考えて型に入れて変えて行う練習法です。

21日間続けたことで習慣化

── レッスン継続のために工夫していた点などあればお教えください。

T.Tさん:以前から毎日2〜3時間勉強する習慣化はできていたので、パタプラも余裕だろうと思っていましたが、最初は続けるのが大変でした。難しすぎたからではなく、単純に脳への負荷が大きくて大変に感じたんだと思います。

とにかくパタプラが提唱する「習慣化のために21日間続けましょう」という言葉を信じて、少しずつ取り組んでいきました。1ヶ月くらい経つと1日3〜4レッスンできるようになったので、まさしく21日間続けたことで習慣化できたのだと思いました。

また、机に座ってスマホを構えてやろうとすると続かないと思ったので、何かのついで、ながらの時間を使ってやるようにしました。

本当は通勤時間でやるのが一番良いのですが、最近はリモートワークで通勤がないため、外に出掛けてカフェに行ったり、ランチを長めに取ってやったり、ジョギング散歩しながらやったり、など何かと一緒にやって負担をなくすようにしています。

モチベーション維持のために、やめていたTwitterアカウントを復活しました。公式アカウントからの返信がやる気につながったり、他のパタプラ利用者のツイートが励みになりました。

スピーキングに特化した筋トレ教材

── どのような方にパタプライングリッシュをお勧めしますか?

T.Tさん:英会話で言葉が出てこない感じ、英語が口から出ないな〜という体験をしたことがある方には、ぜひ試して頂きたいです。

ただ、スピーキングのトレーニングであることが分かった上で始める必要はあります。「3ヶ月で英語が話せるようになります」「英語力全般が上がります」みたいなサービスと並べると、期待と体験にギャップが出てしまうと思います。

すぐ英語ができるようになりますといった教材は巷にたくさんありますが、パタプラはとりあえず話せるようになりたい、という意味では最短距離の教材だと思います。新しい単語が増やすための教材ではなく、とにかくスピーキングに特化した筋トレ教材です。

ビジネス特化スピーキング教材パタプラの購入はこちら

記事が面白いと思ったらシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加